Profile

君塚仁子(きみづか のりこ)

フルート&オカリナ奏者


東京都出身。12歳よりフルートを始める。

聖徳大学短期大学部音楽科卒業。

同大学専攻科卒業。同大学研究科音楽専攻卒業。

学位授与機構により学士取得。

在学中、プリンツ・ヒェン・ガルテンフィルハーモニック管弦楽団に

準団員フルート&ピッコロ奏者として所属。

学内定期演奏会に音楽科代表として出演。

1998年日本フルート協会主催「フルートデビューリサイタル」に出演。

1999年川上志乃氏と「フルートデュオリサイタル」開催。

ソロ、アンサンブル、オーケストラで演奏する一方で、オカリナに興味を持ち、

オカリナの演奏活動を始める。

2002年韓国済州島にてHALLAウインドオーケストラとオカリナで共演。

2003年より都内を中心に、関東各地で世界最小ミニパイプオルガン奏者望月末樹氏とオカリナで多数共演する他、

フルート、オカリナ両方の楽器で様々な演奏家とのコンサート活動を行う。

2006年みつとみ俊郎氏プロデュースによる「君塚仁子フルートラビリンス」開催。

2008年〜2010年フルート&オカリナ奏者として、みつとみ俊郎プロデュース「レディースオーケストラFlumus(フルムス)」初代コンサートミストレスを務める。

2008年より「小林研一郎とその仲間たちオーケストラ」にフルート奏者として参加。

2012年よりオカリナと2台のアイリッシュハープユニット「ゴシキヒワ」を結成。

2014年2月発売のロッドブランドTULALAのDVD『ブラジル釣りと旅4000キロ』にてオープニング1曲目に「ゴシキヒワ」の演奏する『気ままな悪魔』/Heraclio Fernandez(作曲) が使われている。

2015年クラリネット&EWI&オカリナ奏者 若林愛とピアニスト髙橋里沙によるユニット『君塚トリオ』結成。同年8月1stアルバム『PEONY』をリリース。

ロケットミュージックより『PEONY』楽譜を出版。

同年11月より、インターネットラジオOTTAVA Gioiaの番組プレゼンターを(現在も放送中)、そして2016年7月より

クリムゾンFM Rakuten Classic(月〜金)am5:00~レギュラーラジオ番組を務める(2016年12月終了)。

2017年3月ゴシキヒワ1stアルバム『Goshikihiwa』リリース。

2017年11月NHK『おかあさんといっしょ』11月の月の歌に、作曲した『オカリナのリーナ』(作詞さいとういんこ)が採用され、放送される。

また近年フラメンコ音楽に興味を持ち、フルートの可能性を模索。

「フラメンコ舞踊楽団ピオネロ」メンバーとなるなど、

様々な活動の幅を広げている。

講師活動としては、現在、銀座十字屋ハープフルートサロンにて、フルートとオカリナの講師を務める他、

各地にて両楽器の講師も務めている。

フルートを藤田千加志氏、一木瑛美氏、寒河江誠氏に師事。

オカリナを山田恭弘氏に師事。